読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

泣ける映画まとめ

泣ける映画のみをまとめてみました。

映画『四月は君の嘘』の感想

青春

f:id:romagonpower:20161013001937j:plain

広瀬すずサンは意外とベタな恋愛ものには出ていない感じがします。

感情を振り切る演技や
表情がコロコロ変わる姿が印象的です。
少し上の世代に女優さんはゴロゴロしていますが
主演女優としての存在感はカナリ強いですね。

この作品では、E-girls石井杏奈さんも出演。
個人的に女優として注目してる石井さんとの共演というのが私的にはポイント高かった作品です。
 
その心、解き放て

音の世界はもっともっと自由で楽しいはず。

なのに後悔が自分を縛る。

このままじゃいられない。
わかっていても動けない。

そんな自分を動かしてくれた君。
ホントは僕なんかよりもっとずっと苦しい思いを抱えてて
夢見る未来すら…

でも、苦しさを、辛さを
おくびにも出さずに見せてくれた、自由でいること、楽しむこと。
その笑顔が僕の心を解き放ってくれた。
心の縛りを解きほぐしてくれた。

君が見たかったはずの未来。
もっと楽しくて、本当に自由な音の世界を
僕が奏でるピアノの音色で、君のいる場所まで届けてみせるから
笑顔で待っていて。

どんなに遠く離れても、いつでも2人でセッションできるはずだから…


山崎賢人さんはこの手の青春恋愛モノというか少女漫画原作作品の
女子がキュンキュンするような主人公の男の子役をトコトン極めきって欲しい。
いつこの殻を破るのかを期待していた気持ちもありましたが
ここまで漫画世界の2次元キャラを3次元で再現して
しかも作品ごとに少しずつ違う姿を見せてくれるのだから
あるだけの『ヒロインが恋する男の子キャラ』を演じまくって欲しいデス。

広瀬すずさんはホント天性だなと。
動かない足に、自分の命の期限に抗いたいけどどうすることもできない
葛藤を叫ぶシーンの絶叫が
それまでの笑顔で明るいヒロインからは想像できないくらいのギャップで魅せてくれるのでとにかく惹き込まれてしまいます。

石井杏奈さんもすずさんに負けない表情変化を見せてくれて
可愛らしい幼馴染の姿を好演していたと思います。
着実に女優としての力を蓄えているような気がしてて
今後も注目していたい女優さんの一人です。

中川大志さんはなんかイイキャラだったなぁ~。
子役からの飛躍真っ最中なはずで
すずさんと並ぶと『ん? これはどっかのCM?』みたいな感じではありますが
こういう理解ある友達がいるっていうのが
中々手にできない存在で、うらやましいなと思います。

 

四月は君の嘘(1) (月刊少年マガジンコミックス)

四月は君の嘘(1) (月刊少年マガジンコミックス)

 

 

 

四月は君の嘘 サウンドトラック & クラシック音楽集

四月は君の嘘 サウンドトラック & クラシック音楽集