読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

泣ける映画まとめ

泣ける映画のみをまとめてみました。

『マグニフィセント・セブン』 オリジナルをリスペクトしつつ活劇とかっこよさに徹底した快作! おもしろかったよ

f:id:romagonpower:20170210210835j:plain

いろいろと観ている映画の感想。やっぱ早めに書いた方がいいですね。
ということで今週観たばかりの評判の『マグニフィセント・セブン』。観たかった、これ。
でも、ユナイテッド豊島園の22時半から始まるというレイトは、さすがに私を含めてお客さんが5人!

それはともかくですよ。もうこれはたまらん! 2時間13分、ひたすら堪能しました。
そうそう、これぞ昔から愛していた西部劇です。マカロニも楽しんだけれど、こっちはその要素も若干入れつつも、まっとうに正統派の西部劇。
たまりにたまっていたストレスとか、実生活のトラブルとか精神的な圧迫とか(と書くとそんなのばっかりみたいです、まあ、いつものことで、それなりにこなしています)、この徹底アクションと、義のために命を賭して戦う男たち(プラスほぼ紅一点のヘイリー・ベネット! やっぱりあの『ガール・オン・ザ・トレイン』の魅力満開はダテではなかった。この荒野の未亡人役のなんと色っぽくてキュートなことか)の活劇で解消されました。

この映画自体のクオリティがバツグンなのですが、それはそれとしてやはり元ネタである黒澤明の『七人の侍』、そしてリメイクした『荒野の七人』(最初のやつ)がいかによく出来ていておもしろかったか。このことを改めてひしひしと思い出させてくれる。

ところで余談だけど、シナリオ・センターの研修科時代に、東宝の文芸部長をしていた先生からいろいろと黒澤監督のことを聞いた。
先生がおっしゃるには、この傑作時代劇のリメイク権をハリウッドに売ったのだけど、当時はあまりそういう事例がなく、東宝もどう対応していいか手探りだった。
向こうから提示された原作化権料の高額さに大喜びした東宝は、あっさりと契約書にサインをしてしまったそうだ。
そこで黒澤さんや脚本家にきちんと了解を得たのかどうかは知らない。

ところが、膨大な書類の片隅に「retake」(だったと思う)の単語が入っているのに気付かなった。なにせほとんど初経験だったために、アメリカの契約書風習に対応ができなかったのだ。
その結果どういうことになったか?
一作だけでなく、一度買いとった権利で、延々と続編を作ってもいいという許可を与えてしまったのだ。
かくして『荒野の七人』は次々と出がらし感たっぷりの続編が3作もできた。(今回のパンフの裏表紙にその4作のDVDの広告が出ている)
第1作目を観て当時の黒澤さんらがどういう思いだったのか? それは知らないし黒澤さんも語っていない。
ただ、これは想像できるけど、その後の続編に関しては忸怩たる思いだったと思う。

ちなみにセルジオ・レオーネ+クリント・イーストウッドによる傑作マカロニウエスタン『荒野の用心棒』は、リメイク権もとらずに勝手に作られてしまって(ようするに盗作)、これはさすがに東宝が訴えて権利料を獲得したそうです。(製作者側はそれを払っても、数十倍の利益を得るヒットだった)


『マグニフィセント・セブン』に話を戻すと、これのリメイク権がどうなっているのかはまったく知りません。
そんなことは関係なく、この映画はちゃんと黒澤版やユル・ブリンナー版をきちんとリスペクト、オマージュしていて、じわじわと感情を高めていく。
それも黒澤版の長尺部分のエッセンスを巧みに抽出して、現代感覚もしっかりと取り入れた作りにしている。

大きく違うのは、悪人側の作りと上記の紅一点のヘイリー嬢のウエイトでしょう。
黒澤版はほとんど守る側のドラマで、襲ってくる山賊側は描かれていない。(それでもあの長尺さと、退屈させずに運ぶのは改めてすごい)
こっちはピーター・サースガード演じる悪人ぶりが、気持ちいいくらいに徹している。だからこそ、こいつを倒さなくてはという気にさせる。
さらにオリジナルにあった緩急の緩むところ、恋愛要素とかもそぎ落として、戦いのために突き進む。

それでもってデンゼル・ワシントン(なんと彼が志村喬!)の腕を見せる(定番なんだけど)酒場のガンファイト!
それからクリス・ブラッドのギャンブラーぶり(ちゃんと後で効いてくる)だったり、イーサン・ホークイ・ビョンホンの名コンビぶりなどなど。
彼らのチームワークさが次第に強まる過程と、そしていよいよ襲いかかる敵、立ち向かう七人と村人たちの決戦。

こういう映画はもう理屈なんていらない。乗らないと損。
楽しかった! エンドクレジットのあの音楽なんて、泣きそうでした。

 

映画「未来を花束にして」のレビュー

f:id:romagonpower:20170203211939j:plain

実話をもとに、1910年代のイギリスで女性参政権を求めて声を上げた女性たちの姿を描iいたイギリス映画です。

ロンドンの洗濯工場で働く24歳のモードは、同僚の夫と幼い息子の三人で暮らしていました。
ある日、女性参政権運動活動家である友人に代わって公聴会で証言することになり、「今とは異なる生き方があるのでは?」という疑問を持つようになります。
それをきっかけに、モードは女性社会政治同盟のリーダーであるエメリン・パンクハーストの演説を聞き、デモにも参加するようになります。

50年に及ぶ平和的な女性参政権を求める活動は黙殺され続け、女性参政権運動活動家たちは過激な行動に出ますが、やがて女性たちの願いは社会を変えていきました。

わずか100年前、イギリスでさえ、女性に参政権も親権も無かったことに驚きます。そして命がけで戦った女性たちがいたからこそ、今の私たちがいることを実感させられます。
自由と民主主義が危機に瀕し、現代に生きていてよかったと思える時代でなくなってしまいつつある今こそ、改めて考えてみたい映画です。

モードは労働者階級の女性たちについての詳細な調査から生み出された架空の人物で、キャリー・マリガンが演じています。
実在の人物エメリン・パンクハースト役のメリル・ストリープ、他にベン・ウィショー、ヘレナ・ボナム=カーターなどが出演。

スパイを内面から描くリアルなドラマ「われらが背きし者」

f:id:romagonpower:20161030005611j:plain

昨日の2本立て、次に観たのがこの作品。
スパイ小説のジョン・ル・カレ原作で主演にまた同じ人が、

ユアン・マクレガー ステラン・スカルスガルド ダミアン・ルイス ナオミ・ハリス
「われらが背きし者」Our Kind of Traitor

イギリス人大学教授のペリーと妻ゲイルは、
旅行先のモロッコでロシアンマフィアのディマと知り合う。
そのディマから秘密情報が入ったUSBメモリをMI6に渡して欲しいと頼まれる。
ディマと家族の命が危ないとの事で、断ることも断りきれず渡すだけならと引き受けるが、
それからペリーとゲイルは世界をまたに駆けた亡命劇に巻き込まれていく。


昨日の2本立て、どちらも地味な作品ではありますが、
私的には断然こちらの方が良かった。

原作がジョン・ル・カレ
実際にMI6(英国諜報部)にいた元スパイの小説家。
映画化された作品も数多く、新しいところでは2年前に観た「誰よりも狙われた男
この時の感想日記でも書きましたが、

リアリティある内容、
派手さは無く地味な作風
アクションは殆ど無い

と元スパイが書く原作もあって、映画でよく観るヒーロー的なスパイ像と違い、
本当に実際にいそうなスパイ像。
今までの映画化作品もそうだけど、本作も地味ながらも渋い作品だった。

主人公はスパイでなく民間人。
だけどスパイ的な活動を強いられてしまう巻き込まれ型サスペンスの感じである。
民間人がスパイにされてしまう点では同じ原作者による「鏡の国の戦争」もあったけど、
こちらはスパイに養成されるのではなく、その仕事を任せられてしまう羽目になると言ったところか。


主人公ペリー役にユアン・マクレガー
この前に観た「ジェーン」では外道な悪役で拝見したが、
次の本作では間逆の善人役。
両極端なキャラを両方続けて見られたのは面白かった。
さすがは役者であります、全くイメージが違う。
この「われらが背きし者」の方が本来のマクレガーらしいキャラだった。
優男で強くも無く人に頼まれたら断りにくい、まさにイメージどおりの配役だった。
SWシリーズでオビワンのような強い役も演じてるけど、この人はどことなく気弱そうなイメージが強い。
そういうところもあって、マクレガーのキャラがまた良かった。

マクレガーもそうだけど、役柄が変わるとまた面白いキャスティングでもある。

ロシアンマフィアのディマ役のステラン・スカルスガルド
主人公にやたら「教授!教授!」と声をかけるけど、
あんたもマーベルヒーロー映画では教授じゃなかったのか(笑)
そんな教授を演じてたスカルスガルド(グッド・ウィル・ハンティングでも教授役だった)
刺青入れまくりのロシアンマフィアが妙にキャラにはまってて良かった。
ワルなんだけど人情味があってまたイメージが違う。

ペリーの妻ゲイル役のナオミ・ハリス
「このUSBメモリをMI6に持って行って欲しい」と頼まれたら「それなら私が預かるわ」
といつもの007でお馴染みマネーペニーなら上手く行くのですが(笑)
今回は民間人なんでそうはいきません(スパイ繋がりのキャスティングかな)

MI6のヘクター役にダミアン・ルイス
この人が演じるスパイがまた渋くてカッコ良かった。
ユアン・マクレガーも出てるスパイ映画「アレックス・ライダー」にも出てました。

と4人が演じる主要キャラが良かったのが大きかった。
ペリーはここで断れば済むものの、表はマフィアでも本来は子供を持つ良き父の姿に何かしようと懸命になるペリーの姿に心打たれるものがあった。
こういう所はマクレガーもスカルスガルドも見事だ!

ジョン・ル・カレ原作の映画にしては分かりやすい方かも。
キャラに感情移入しやすいのも良かったかもしれない。
やはりアクションは少なめで地味なんだけど味わい深いのがルカレ原作映画らしい魅力。

監督がスザンナ・ホワイト
名前からして女性監督のようで。
前作は未見ですが「ナニー・マクフィーと空飛ぶ子ブタ」というファンタジー物ですが、
今回は渋い演出を見せてくれる。


スパイ映画大好きな私ですが、007もM:Iもボーンもいいが、
ジョン・ル・カレは本当の意味でスパイを内面から描くリアルなドラマでこれはまた好きです。

年に1回は2本立て鑑賞しますが、
今回はユアン・マクレガー特集となりました。
出演順は観た順と逆のようで。
卑劣な悪役を演じれば、困った人を見たら放っておけない善人役と、
全く印象が違うのが凄いです!
さすがです。

四月は君の嘘

青春

f:id:romagonpower:20161025074741j:plain

映画「四月は君の嘘」を見てきました。「ちはやふる」に続く広瀬すず映画。撮影の舞台が僕の母校の鎌倉高校で、校庭を見渡せる階段とか校門までの坂道とか懐かしくてそれだけで涙腺がゆるんだ。

映画の内容は原作に忠実で特にかをりの病気が中心になった後半が面白かった。2時間で収めるため絵見や相座の登場はなし。好きなキャラだけど…。広瀬すずの演技は特別上手くはないと思う。猪突猛進キャラは綾瀬千早と重なる。音楽映画だけど「のだめ~」に比べれば演奏シーンはそんなに重要じゃないかな。

やっぱり自分は青春物が好きだなって思った。大学も教育学科を選んだ理由も今ならわかる。当時は教師になるっていう夢をはっきりと信じてなかったから結局中途半端に大学中退したけど…。今は介護の仕事が充実してるから後悔はないけどもう一つ人生を選べるとしたら教師を目指したい。

自分はすごい人にはなれそうもないけど、すごい人を育てることはできるかもしれない。

これが教師に憧れる理由です。出蘭の誉ってやつですね。別に教師としてじゃなくても親としてでも近所のおじさんとしてでもいい。

たとえば…
僕は趣味で何作か小説を書いてきましたがいつか自分が書いた本を読んで感動した人がそれをきっかけにすごい人になって将来ノーベル賞でも取ったとして記者会見かなんかで「○○さんがいなかったら今の自分はなかった」とでも言って涙を流してくれたら…最高だなと。

そういう風に思います。(全然、君嘘の感想になってない!笑)

映画「何者」就活と言う通過儀礼に遭遇した若者の心の痛みをリアルに描写

青春

f:id:romagonpower:20161023211807j:plain

 

本作は就職活動をする文系の大学生たちを描いた映画である。本作を観るに、つくづく本邦では就活が実質的に「通過儀礼」であることが判る。

 

 

仕事に就く・仕事をすると言うことそのものはもっとテクニカルかつロジカルかつ客観的に捉えるべきことであり、こう考えると、今の就活なるイベントは、私には異常なものに映る。

大体、本邦の大学生なんてちょっと前までは小学生・中学生だった訳で、ちょっと前まで学生鞄をしょってて、学校に囲われてもっぱら自分たちが生きている生活とは関係ない学科ばっかり教わってきた厨房ごときが自分の適職なんて考えられる訳もない。結果として、「私はどんな仕事・どんな会社に恋をすべきか?」と言う思込みを先行させて就活をクリアすることとなる。さらにそれを「自己実現」とか「夢の実現」と言うタワゴトがよいしょするから、話はますますややこしくなる。

こう言う下らない変なイベント=就活が本邦でなぜ性懲りもなく行われているかと言うと、就活が本邦において学生(半分ガキ)が大人になるための通過儀礼(イニシエーション)として実質的に位置づけられているからである。本映画のキャッチコピーは「青春が終わり、人生が始まる。」だが、これは実に本映画の本質を捉えていると私は考える。だが、逆の見方をすれば、「大学生がまだ半分ガキであると言うこと」は、世界的に見たらとんでもないことである。外国(韓国を除く)で大学生と言ったら社会の指導的立場に立つためのエリート候補生であり、自分の人生の抱負くらいは判ってるものだ。少なくとも、大学生が「大学で何をすべきか?」が判らないのは日本人と韓国人位のものだ。

私の話をすると、私は自分の実力以上の大学に行ってしまい、無気力になってしまうが(『化物語』で阿良々木暦が自分の実力以上の進学校に進んで落ちこぼれになるのは現実でもありえる話だ)、何とか形だけの自己紹介と志望動機をひねり出して、偶然的に内定を1つだけ確保して何とか社会人になれたのわけで、自分は実質的には就活に失敗したクチだと思っている。私はもう四十路が見えてる年齢だが何時までも自分の青春が終わってないんだなと思う。私は腐敗した青春を切り離せてない。

『何者』は就活と言う通過儀礼に遭遇した若者の心の痛みを事実の描写で描いているのだが、それ以上のメッセージと方向性は(少なくとも私には)導き出せなかった。私にとってはかなり重い内容の映画だった。

にしても、毎回映画を観るたびに思うのだが、映画の製作委員会に、あの悪名高い「電通」と「博報堂」がクレジットされてるのは見るたびに不快になる。私が払ってる映画代がこんな本邦のラスボスどもにバキュームされてるとは…。こう言う連中が不当に利潤をバキュームしまくることが許されてるのは私の義憤に火をつける。アニメ制作会社なんて電通博報堂の一番の被害者なんではないだろうか?

グルジアの戦争ものに作品…映画 『みかんの丘/とうもろこしの島』

ドラマ

f:id:romagonpower:20161017073745j:plain

f:id:romagonpower:20161017073750j:plain

 

グルジア(現ジョージア)の近年の代表作を観てきました。ソ連邦時代のグルジアは映画製作では個性的な作品で少し注目された国でした。今回2作品は1991年のソ連邦崩壊後、独立したジョージア(旧グルジア)と対立するアブハジア自治共和国の民族対立(アブハジア紛争)を題材にした映画です。

両作品とも、ミカンを収穫したり、トウモロコシを育てる中で、敵同士ともに傷ついた人々を助けようとする中立的な主人公たちの視点から描いた作品です。
●いったい戦争とは何のためにするの?
●いったい戦争とはだれが行うの?
そんな視点からの映画でした。

❶ 『みかんの丘』は、ザザ・ウルシャゼ監督の作品で2013年製作の1時間27分のジョージアとエストニアの合作映画。

舞台はジョージアの西部にあるアブハジアで、ミカン栽培をするエストニア人の集落。アブハジア紛争が激化する中集落に残ってミカン栽培をするイヴォとマルゴスが主人公。2人は戦場で傷ついた二人の兵士を助けて介抱します。しかし2人の兵士は敵同士でした。殺意に燃える2人にイヴォが約束させます “家の中では戦わない事”。そこにアブハジアを援護するロシアの小隊がやって来て…
という話です。そこに戦争の不条理と人間性の尊さを描いた作品でした。

❷ 『とうもろこしの島』は、ギオルギ・オヴァシュヴィり監督の作品で2014年製作の1時間40分のジョージア・仏・独などの合作映画です。

『みかんの丘』と同じでジョージアから独立を主張するアブハジアとの戦争状態の1992年の物語。
両国の間を流れるエングリ川の中州でトウモロコシを作る老人と孫娘の話し。ある日、トウモロコシ畑で傷ついた若いジョージア兵士を発見し、少女は淡い恋心を抱きます。しかしそこにロシアの兵士が現れジョージアの若い兵士を探し始めます。2人の恋の行方は…銃声の聞こえるトウモロコシ畑の大自然の中で成長する障子の姿を描いた寓話的な映画でした。そこに戦争の意味を問う作品でした。

両作品ともアブハジア紛争が双方の人々にもたらした傷の計り知れない深さを描いていて、戦争の不条理を叫んでいました。そんな中でも苦しみながら模索しながら戦争の中で生きている人間を優しく描いている映画でした。それを見て私は“人間の寛容さや尊厳や生きる意味や憎しみの連鎖”などについて考える機会を与えてくれました。でも基本的にはシリアの紛争やパレスチナの紛争を観ていると、戦争当事者の何の意味もない強すぎる民族意識に、“そんなに殺したければ勝手に殺しあえ!”と思うこともありました。
色々考えさせられる映画ではありました。

 

 

映画『四月は君の嘘』の感想

青春

f:id:romagonpower:20161013001937j:plain

広瀬すずサンは意外とベタな恋愛ものには出ていない感じがします。

感情を振り切る演技や
表情がコロコロ変わる姿が印象的です。
少し上の世代に女優さんはゴロゴロしていますが
主演女優としての存在感はカナリ強いですね。

この作品では、E-girls石井杏奈さんも出演。
個人的に女優として注目してる石井さんとの共演というのが私的にはポイント高かった作品です。
 
その心、解き放て

音の世界はもっともっと自由で楽しいはず。

なのに後悔が自分を縛る。

このままじゃいられない。
わかっていても動けない。

そんな自分を動かしてくれた君。
ホントは僕なんかよりもっとずっと苦しい思いを抱えてて
夢見る未来すら…

でも、苦しさを、辛さを
おくびにも出さずに見せてくれた、自由でいること、楽しむこと。
その笑顔が僕の心を解き放ってくれた。
心の縛りを解きほぐしてくれた。

君が見たかったはずの未来。
もっと楽しくて、本当に自由な音の世界を
僕が奏でるピアノの音色で、君のいる場所まで届けてみせるから
笑顔で待っていて。

どんなに遠く離れても、いつでも2人でセッションできるはずだから…


山崎賢人さんはこの手の青春恋愛モノというか少女漫画原作作品の
女子がキュンキュンするような主人公の男の子役をトコトン極めきって欲しい。
いつこの殻を破るのかを期待していた気持ちもありましたが
ここまで漫画世界の2次元キャラを3次元で再現して
しかも作品ごとに少しずつ違う姿を見せてくれるのだから
あるだけの『ヒロインが恋する男の子キャラ』を演じまくって欲しいデス。

広瀬すずさんはホント天性だなと。
動かない足に、自分の命の期限に抗いたいけどどうすることもできない
葛藤を叫ぶシーンの絶叫が
それまでの笑顔で明るいヒロインからは想像できないくらいのギャップで魅せてくれるのでとにかく惹き込まれてしまいます。

石井杏奈さんもすずさんに負けない表情変化を見せてくれて
可愛らしい幼馴染の姿を好演していたと思います。
着実に女優としての力を蓄えているような気がしてて
今後も注目していたい女優さんの一人です。

中川大志さんはなんかイイキャラだったなぁ~。
子役からの飛躍真っ最中なはずで
すずさんと並ぶと『ん? これはどっかのCM?』みたいな感じではありますが
こういう理解ある友達がいるっていうのが
中々手にできない存在で、うらやましいなと思います。

 

四月は君の嘘(1) (月刊少年マガジンコミックス)

四月は君の嘘(1) (月刊少年マガジンコミックス)

 

 

 

四月は君の嘘 サウンドトラック & クラシック音楽集

四月は君の嘘 サウンドトラック & クラシック音楽集